京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

なぜ塗装をしないといけないの? I  宇治市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

本日は、塗装に関しての質問で皆さんが疑問に思われる

「なぜ塗装をしないといけないのか?」をご説明したいと思います。

 

普段生活をしていて家の室内のことは気にしていても

外の外壁、屋根の状態を皆さん気にしたことはありますか?

私も塗装会社に勤める前は、

家の外の事は簡単に壊れるものじゃないと思って気にすることありませんでした。

 

雨漏れ壁に酷いヒビ割れ(クラック)

上記の画像のようなひび割れが出ないかぎり

外壁や屋根を点検する事は、まずしないかと思います。

 

ですが、外壁、屋根は常に雨、風、雪や紫外線を浴びており私たちを守っていてくれています。

なぜ、過酷な環境の中、外壁や屋根は私たちのことを守り続けられるのか…

 

それは塗装の塗膜です!!!!

本当に重要な役割を果たしてくれています。

 

厚さ1mmほどの薄さになりますが、塗装の塗膜があるかないかでは

耐久性が大きく変わってきます。

私たち人間は皮膚に守られているのと同じで、

外壁、屋根の塗装をしていない外壁材(サイディング・ALCパネルなど)、

屋根材(鋼板・ストレート板)自体は雨や紫外線には強くありません。

 

つまり、私たちは毎日外壁、屋根に守ってもらい…

その外壁、屋根を守ってくれているのが塗装膜になるんです!!

 

塗装も経年劣化していきます。塗装の劣化は外壁と屋根の劣化ともいえます。

塗装が劣化していくと雨漏れの原因にもなり、汚れも目立つようになります。

 

塗装は、見た目を美しくしてくれますが

何よりも、住宅の寿命をのばす為に必ずしなければいけない作業です。

 

塗装しないといけないことがわかって

皆さん次に気になるのが「どれくらいで塗り替えないといけないの?」

そう疑問に思われた方もいらっしゃるかと思います。

 

使用する塗料や環境などによりますが

塗り達では10年~15年に1回をメンテナンスサイクルとして

定期的に塗り替えて頂くことをおススメしております。

 

状態が良いときに工事したほうが費用が抑えられることも多いので

皆さん一度、ご自宅の外壁などチェックしてみてください。

また、京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方、ご質問、ご相談などございましたら

お気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る