京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

職人さんが使う刷毛(ハケ)について l 宇治市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

前回は、塗装道具として使用するローラーについて

お話ししましたが、

今回は刷毛(ハケ)について書こうと思います。

 

 

前回のローラーについては↓まで!!

https://nuritatsu.com/blog/post-11543/

 

★刷毛のメリット

小さな面の塗りが得意で塗料の付着が強く、

最も丁寧な仕上がりになります。

 

★刷毛のデメリット

塗装に時間がかかる。

 

刷毛で塗ると丁寧な仕上がりになるなら、

塗装面すべて刷毛でやればいいんじゃないの?

と思った方もいると思います。

ですが、刷毛でやると時間がかかりすぎる為、

ベースはローラーで行い細かい面や仕上がりを

刷毛で行うのが一般的です。

また、可動部があるシャッターの塗装などは、

ローラーの厚塗りによってシャッターが閉まらない

可能性が出てくる為、刷毛で細かく塗装していきます。

刷毛の種類について

刷毛にも色んな種類があり、

塗料や塗装によっては向き、不向きがあります。

 

★馬毛

ある程度の腰がありよく使われる毛。

油性塗料に最適。

★豚毛

毛質が太く毛先が柔らかく腰がある。

木部塗装、油性塗料に最適。

★山羊毛

毛質が柔らかく塗料の含みがよい。水性塗料に最適。

★ナイロンなどの化学繊維

溶剤、速乾性の塗料に対応。

 

 

二日間にわたりローラー、刷毛の

ご説明をしてきましたが

ローラーと刷毛を使って手塗り塗装するのが

一般的になります。

吹き付け塗装もありますが、

特殊な仕上がりが必要な時に使われます。

しかし、外壁塗装をする際は

安全面と近隣への配慮が重要になるので

飛散の多い吹き付け塗装をする機会は

少なくなってきてます。

現在はローラー塗装が基準になっているのかなと思います。

 

 

塗り達では、パック料金の他、高品質の塗料やデザイン塗装の「多彩工法」での塗装などもご用意しております。

京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方は

お見積・ご相談などお気軽にご相談下さい。

一覧に戻る