京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

フッ素塗料 I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達  

みなさまこんにちは

 

6月ですね。

もう1年の半分が過ぎようとしているとは…

信じがたい事実ですが、徐々に夏が近づいてきました。

 

さて、本日は「フッ素」のお話です。

 

フッ素といえば、まず頭に思い浮かぶのは、「歯みがき」ですね。

そして、私はフライパンです

 

外壁塗装界のフッ素も大活躍しています

 

 

 

住宅の外壁塗装を決めるとき、多くの人は予算で選びます。

外壁塗装に限らず、なにか商品を買ったり、サービスを選ぶときは

予算を考えて、見積を出して、出来るだけ安い見積額のもの(業者)を比較して選ぶのです。

 

どの塗料を使っても同じだという先入観があれば、一番安いものを選ぶでしょう。

同じ効果なら、安い方がいいですものね。

 

しかし、安いものには安いなりの理由が、

高いものには高いなりの理由があるのです

 

 

では、高い塗料にはどのような魅力があるのでしょうか?

それは、耐久性です。

 

リーズナブルなものは、一度塗装したあと約10年程度しか持ちませんが、

高いものは20年ほどは変えなくてもよくなる場合があります。

 

価格の高い塗料の一つに、フッ素系塗料があります。

 

フッ素系の特徴は耐候性や耐水性に優れているので、長時間紫外線や雨風にさらされても劣化しにくくなります。

 

そのため、一戸建て住宅で使われるよりも、現在は主に高層ビルや高層マンションで利用されています。

戸建て住宅では、紫外線や雨風の影響を受けやすい屋根など、一部分だけフッ素系塗料を使うこともあります。

 

 

塗料による効果の違いや、金額も御見積してご案内させていただけます。

塗り達では、パック料金の他、高品質の塗料やデザイン塗装の「多彩工法」での塗装などもご用意しております。

京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方は

お見積・ご相談などお気軽にご相談下さい。

一覧に戻る