京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

外壁塗装のタイミング I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達  

皆様こんにちは

 

「外壁塗装ってどういうタイミングですればいいの?」

「1年中いつでもできるの?」

という疑問がおありではないでしょうか?

 

そろそろ外壁塗装したいけれど、ベストなタイミングっていつなのでしょうか?

 

 

一般的に、外壁塗装によいとされている季節は、

春(3月~4月)秋(9月~11月) と言われています。

これはなぜかというと、塗装ができる条件が整いやすいからなのです。

 

外壁塗装に適した条件

まず、上記に入っていない

夏は、洗濯物もよく乾くし、塗料も乾燥しやすそう!いい季節なんじゃない? と思われがちですが、

台風やゲリラ豪雨も多くなり、日本はジメジメした暑さがあります。

湿度85%以上では作業ができなくなり、天敵である水分(雨)も避けなくてはいけない為、工期の大きな遅れが予想されます。

 

そしては、気温が低くなり塗料が乾燥しない為、作業が進まないことがあります。

(乾燥させるために、5℃以上の気温が必要です)

また、雨が少なくても、夜に急激に温度が下がることで霜が降り、塗装することができなくなります。

夏と同じく、外壁塗装には厳しい季節なのです

 

これらの季節に比べて「春・秋」は気温・湿度ともに安定していて、工期も遅れることなく、作業効率も上がります。

また、雨や霜といった塗膜への悪影響になる原因が少ないため、トラブルも少なく塗料本来の性能が発揮されるでしょう!

 

外壁塗装を行う時期=塗装しなくてはいけない劣化症状が出ている

外壁塗装を行う季節=塗装を施すのに適したタイミング

 

この2つをふまえて、外壁塗装の計画を立てられてはいかがでしょうか。

 

塗り達では、フリーコール・訪問見積り受付・ラインで無料見積りがございます。

京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方は、是非お問い合わせ下さい。

一覧に戻る