京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

塗料とペンキの違い I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

塗料とペンキの違いについて!!

 

ペンキと塗料の違いって皆さんわかりますか?

私は職人になる前どちらも同じだと思っていました。

 

ペンキと塗料の大きな違いとしては、

・対候性の高さ

・劣化の低減

上記の2点が挙げられます。

成分や役割の他に、対候性・乾燥時間・値段など機能面にも差があります。

 

外壁塗装にペンキを使用したら、

塗料を使って施工したときより再塗装の時期が短くなり

変色や劣化が起こりやすいので

外壁塗装にはやっぱり塗料が適しています。

 

そして、その塗料も使うものによって外壁の耐用年数が大きく変わります。

 

ペンキを外壁に使用したら塗替え時期が早くなるだけなので

塗料を必ず使用します。

 

 

塗り達では、フリーコール・訪問見積り受付・ラインで無料見積りがございます。

京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方は、是非お問い合わせ下さい。

 

一覧に戻る