京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

ゆず肌仕上げ I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

京都市・宇治市

外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店の塗り達です

 

 

本日のブログは「ゆず肌仕上げ」についてです!!

 

 

外壁塗装ゆず肌仕上げって聞いても

全然ピンっとこない方ばかりだと思います。

私も初めて聞いたときは柚子しか出てこなかったです!

一応、当たってはいるんですけどね

 

外壁塗装の仕上げは様々な物があるので

よくわからないまま「あんな感じの事かな??」と

勝手なイメージをしてしまうと

イメージとは全く違う仕上がりになってしまいます。

 

なので、今回は外壁塗装の仕上げに悩んでいらっしゃる

お客様にゆず肌仕上げをご紹介します。

 

ゆず肌と色

外壁塗装の仕上げの工法の一つで、

柚子のような凸凹の模様をつけることを言います。

ゆず肌を作るには、

ガンの圧力や口径、塗布量、水量など注意をして行わないと

ムラなどが生じてしまいます。

 

ゆず肌=一般的には表面の模様を楽しむもの。

あまり濃い色で塗装をすると模様がわかりにくくなるので

ゆず肌仕上げには薄い色をオススメします。

ゆず肌の別の意味

意図的なゆず肌仕上げとは別に、

塗料の粘度を高くしすぎ出来てしまった凸凹模様の事も

「ゆず肌」と言う事があるみたいですが…

たまたま、ゆず肌のような凸凹ができてしまった

「ゆず肌」は、仕上がりが違ってくるので

注意するようにしましょう。

 

家だけではなく、

車の塗装に失敗したときにも使われる言葉みたいですよ

 

 

塗り達では、フリーコール・訪問見積り受付・ラインで無料見積りがございます。

京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方は、是非お問い合わせ下さい。

 

一覧に戻る