京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

京都市 壁クラック補修② I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

********************

本日も職人ブログをご覧いただき

有難うございます。

京都市、宇治市、外壁塗装や屋根塗装

その他、塗り替えの事なら

塗り達にお任せください!!

********************

皆様こんにちは。

 

本日も、引き続き京都の壁のクラック補修の様子をご紹介します。

 

前回、クラック(ひび割れ)をコーキング材で補修し、下塗りをする工程までお伝えしていました。

これで、ようやく上塗り塗料を塗る準備ができました。

 

しっかりと下地処理をした上から、上塗り塗料を塗っていきます。

ローラーで塗った上の部分は、よく見ないとひび割れがわからないほどです。

これを、クラックの上からいきなり塗ってしまうと、「ただ色を塗っただけ」になってしまい、メンテナンスとは言えなくなってします。

転んでけがをして土などがついた傷口を、洗いもせずに、絆創膏を貼って隠してしまうようなものなのです!(例えが痛くてすみません

傷(ひび割れ)をきちんと処理することで、その後の‘持ち‘もよくなります。

 

さらに上塗り塗料を塗り重ねていきます。

もうどこにクラックがあったのか、わからないほどです。

 

完了しました!!

クラック(ひび割れ)部分もしっかり補修し、はがれていた塗料もばっちりきれいになりました。

塀の一部分なので、雨漏りの心配はありませんでしたが、すきまから水がはいることで内部が腐ったり、崩れ落ちてしまう危険性もあります。

 

クラックが大きくなってしまう前に、メンテナンスで綺麗にしましょう!

 

塗り達では、フリーコール・訪問見積り受付・ラインで無料見積りがございます。

京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方は、是非お問い合わせ下さい。

一覧に戻る