京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

京都市 軒天塗装 I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達  

********************

本日も職人ブログをご覧いただき

有難うございます。

京都市、宇治市、外壁塗装や屋根塗装

その他、塗り替えの事なら

塗り達にお任せください!!

********************

皆様こんにちは。

 

京都は本日、祇園祭「山鉾巡行」です。

動く美術館 ともいわれる23基の山鉾が厳かに動き始めます。

 

さて、前回は破風の塗装についてご紹介しました。

今回は、京都で軒天の塗装を行った様子をご紹介したいと思います。

 

軒天とは外壁から外側に伸びている屋根部分の裏のことです。

先の裏側にある井の部分を指します。

窓や玄関から雨水の吹込みを防いだり、太陽光から外壁を守り劣化を防いでいます。

窓に単独でちょこんとついている屋根は、庇(ひさし)と呼ばれています。

 

軒天は野地板と垂木が見える状態から、軒天ボードと呼ばれる板を貼っています。

板を止めるために釘を打った穴をパテで埋め、それから塗装を行います。

 

パテで釘穴を埋めています。

フラットな状態にしておくことで、持ちもよく、仕上がりもきれいになります。

 

雨風にさらされる場所です。

下塗りもしっかりとしておきます。

 

最後の上塗りです。

ローラーで慎重に塗っていきます。

外壁と違って目に付く場所ではないですが、とっても重要な部分なので、丁寧に仕上げていきます。

 

完成しました。

しっかりと塗膜に守られて、これから屋根と一緒に何年も家を守っていきます。

外壁はこれから塗装を行いますよ。

 

塗り達では、フリーコール・訪問見積り受付・ラインで無料見積りがございます。

京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方は、是非お問い合わせ下さい。

一覧に戻る