京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

京都市 外壁塗装 ゆず肌仕上げ  I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達   

********************

本日も職人ブログをご覧いただき

有難うございます。

京都市、宇治市、外壁塗装や屋根塗装

その他、塗り替えの事なら

塗り達にお任せください!!

********************

皆様こんにちは。

 

今回は、先日ブログでご紹介していた「ゆず肌仕上げ」の実際の施工をご紹介しようと思います。

関連ブログ:ゆず肌仕上げ

 

京都で外壁塗装のゆず肌仕上げをご依頼いただきました。

 

こちらは新築です。

下地のモルタルの上から、ゆず肌仕上げをしていきます。

 

おなじみの下塗りです。

上塗り材の密着性を高めます。

こちらはローラーで塗っていきます。

 

 

装飾仕上塗材とよばれる塗料を使って吹付けていきます。

今回はベルアートを使用しています。

水で希釈し、必要な粘性を持たせた上で、吹付けます。

 

以前のブログでも書いていたように、意図してゆず肌をつけるのと、意に反してついてしまうのとは全然違います。

余りにも表面の模様に違いが出すぎても統一感がないですし、だからといって機械で判を押したような仕上がりでは

せっかくのゆず肌仕上げが台無しです。

職人の腕が試される仕上げ方法です

 

完了しました。

遠目でみると分かりにくいので拡大写真もご覧ください。

光にあたると陰影ができて、表情のある外壁に仕上がりました。

 

サイディングのおしゃれな雰囲気の仕上げも人気ですが、和風の住宅などは表情のあるゆず肌仕上げも人気です。

 

同じ塗料を使って、ゆず肌仕上げの他に、スタッコや、ローラーやコテを使った仕上げ方法もあります。

またの機会にご紹介したいと思います。

 

塗り達では、フリーコール・訪問見積り受付・ラインで無料見積りがございます。

京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方は、是非お問い合わせ下さい。

一覧に戻る