京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

京都市 サッシ周りシーリング工事 I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達  

********************

本日も職人ブログをご覧いただき

有難うございます。

京都市、宇治市、外壁塗装や屋根塗装

その他、塗り替えの事なら

塗り達にお任せください!!

********************

 

みなさまこんにちは。

 

本日は、サッシ周りのメンテナンスの様子をご覧いただきたいと思います。

 

京都市で、サッシ周りのシーリング工事をさせていただきました。

 

ごく一般的なサッシ(窓)です。

窓枠と外壁の隙間にシーリング材があり、それによって雨の侵入を防いでいます。

が、輪ゴムをずっと使っているとプチンと切れてしまうように、

シーリングも紫外線により劣化が進んできます。

その結果、サッシ周りから雨漏りが発生してしまうことがあります。

 

 

清掃

塗装の前にも必ずする下地処理。

ゴミやほこりを取り除いて、きれいな状態にします。

 

次はプライマーです。

プライマーは、接着剤の役割を果たすものです。

ここで塗りムラがあったり、塗り忘れがあったりすると、後からシーリングが剥がれてきてしまいます。

大変重要な工程です。

 

シーリング充填

ここからやっとシーリング材の充填です。

はみださないように、必要な厚みを持たせて充填していきます。

 

完了しました!

白い部分がシーリング材を充填しているところです。

これで、サッシ周りからの雨の侵入は防ぐことができます。

 

高所の窓などは、足場が必要になります。

外壁塗装と一緒にサッシ周りのメンテナンスも行うと、足場組も1度で済み、コスト面でもお得です。

 

水分の侵入→内部の腐敗→シロアリの発生・・・

など、どんどん状況が悪化していく前に!

メンテナンスを行いましょう。

 

塗り達では、フリーコール・訪問見積り受付・ラインで無料見積りがございます。

京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方は、是非お問い合わせ下さい。

一覧に戻る