一覧に戻る

外壁塗装における詐欺には要注意④ l 宇治市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

外壁塗装における詐欺には要注意!!
今回で最終回になります

 

これから行う外壁塗装の工事のために、

是非とも最後までご覧ください

 

これまでは、金額を高くして利益を得ようとする詐欺についてお話してきましたが、

金額が相場よりも高くなっているため、

少し落ち着いて考えれば詐欺なんだと分かるような手口でした。

 

外壁塗装において工事費用を高値にするという事の他に詐欺と言える手口が実はまだあるんです。

 

すれは、ズバリ…手抜き工事になります!

 

手抜き工事??

手を抜いて工事をした場合、

施工不良にもなり大金を使って行った工事も完成後に不具合が生じてしまというものですが、

なぜ手抜き工事が詐欺の手口になってしまうのでしょうか。

 

小人数で工事を行い人件費を削ることが手抜き工事の目的

手抜き工事を計画的に行う悪徳業者は、

外壁塗装に伴う工程の中で作業員を減らし

その浮いた人件費を会社の利益にします。

 

外壁塗装の工事には人件費の費用が割合的に高くなります。

その為、お見積りの金額が相場と同じであっても

作業員を減らすことで会社の利益に上がります。

 

作業人数を減らしても、

その分工期が延びてしますだけで

最終的には人数、人件費は変わらないんじゃない??

と思うかもしれませんが、ここがポイントです!

 

作業人数を減らし、工期はそのまま終わらせる為に

手抜き工事を行うのです。

 

手抜き工事で行われる工程は、

「塗料の塗布回数を減らす」という内容になります。

通常3回塗料を塗り重ねなければいけない所、

2回で終わらせたりするんです。

あまりにも酷い悪徳業者だと1回で終わらせたりする場合もあります。

 

塗料回数を減らすという事は、材料費の削減にもなります。

 

お客様には3回塗りでお話をしているので、

塗料を3回分塗る金額をもちろん頂いております。

それが1回、2回になると残りの回数分の材料が浮くので会社の利益に繋がるというわけです。

 

そして、規定回数をしっかりと塗らなければ

外壁は塗料本来の性能を発揮できませんので

塗装直後は綺麗に見えても数年後にはボロボロになってしまいます。

 

ちゃんとした優良業者に頼んでおけば、

同じ金額で高品質な外壁を手に入れることができます。

悪徳業者がこの様な詐欺を行うことによって

多額の損をしてしますので注意しましょう。

 

このような立派な詐欺行為を行う業者には要注意です。

 

怪しいと思ったら直ぐにお近くの外壁塗装業者へ相談するようにしましょう。

 

 

 

一覧に戻る