一覧に戻る

京都市 幕板塗装 I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達  

********************

本日も職人ブログをご覧いただき

有難うございます。

京都市、宇治市、外壁塗装や屋根塗装

その他、塗り替えの事なら

塗り達にお任せください!!

********************

皆様こんにちは。

 

8月も中盤です。そろそろお盆休みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

職人たちは、今日も現場で塗装中です

 

京都市で幕板塗装をさせていただきました。

 

幕板は、建物に用いられる横長の板の総称で、境界的な役割を持つ場合が多い部材です。

ツートンカラーなどの外壁の色の境や、外壁が窯業サイディングの場合にちょうど継ぎ目のできる1階と2階部分の間によく付けられています。

今回はひび割れを補修してからの塗装を行います。

 

ひび割れしているところには、マスキングテープ(黄色)をはってコーキング材を充填していきます。

他の部分についても、研磨し塗料がのりやすくしていきます。

 

上塗り1回目

下地処理をしたら、上塗りです。

ローラーで丁寧に塗っていきます。

ローラーはいろいろな大きさがあり、今回は幕板の幅に合うような少し小さめのものを使っています。

 

上塗り2回目

同じ塗料を塗り重ねていきます。

塗り残しがないよう、厚さが均一になるように、全体の状態も見ながら塗っていきます。

 

完成しました!!

今回は外壁と少し色を変えることで、メリハリがある印象に仕上がりました。

外壁の中では面積の小さい幕板ですが、塗装でこんな風に印象を変えることもできます。

 

ひび割れは、雨漏りの原因となり、やがて建物全体の劣化に繋がります。

外壁の塗装と一緒に、住宅の各パーツのメンテナンスを行っていきましょう。

 

塗り達では、フリーコール・訪問見積り受付・ラインで無料見積りがございます。

京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方は、是非お問い合わせ下さい。

一覧に戻る