京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

京都市 受水槽塗装② I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達  

********************

本日も職人ブログをご覧いただき

有難うございます。

京都市、宇治市、外壁塗装や屋根塗装

その他、塗り替えの事なら

塗り達にお任せください!!

********************

皆様こんにちは!

 

本日は、昨日に引き続き受水槽の塗装について紹介します。

京都市で受水槽塗装をご依頼いただきました。

 

集合住宅の受水槽です。

外壁と同じく、紫外線の影響を受けやすい屋外にあります。

受水槽は、FRP(繊維強化プラスチック)で出来ています。

プラスチック単体だと軽量で弾性率が低い為、構造用材料として適していません。

そこで、硝子繊維など各種繊維と組み合わせて強度を高めたプラスチック材料が開発されました。

これらのプラスチックを「FRP(繊維強化プラスチック)」と呼んでいます。

 

まず高圧洗浄を行います。

塗装前に水圧で汚れを洗い流していきます。

ガソリンスタンにある洗車機よりももっとパワーがあります!!

 

すっきりしました

 

次に研磨です。

スコッチブライトで表面を研磨していきます。

表面に微細な傷をつけることで、つるつるとしたプラスチックに塗料が乗りやすくなります。

下のほうには、さびも見られます。

プラスチック自体はさびることがなくても、止めてあるボルトの金具に発生したさびがついてしまうことがあります。

ユニットバスにヘアピンを置いていたら、さびがついて茶色くなってしまった!という経験はありませんか?

このようなさびをもらいさびといいます。

塗装前にしっかりとさびを落としていきます。

 

次回からいよいよ塗装に入ります!

 

塗り達では、フリーコール・訪問見積り受付・ラインで無料見積りがございます。

京都市・宇治市で外壁塗装・防水工事をお考えの方は、是非お問い合わせ下さい。

 

一覧に戻る