一覧に戻る

京都市 雨樋塗装 I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達  

********************

本日も職人ブログをご覧いただき

有難うございます。

京都市、宇治市、外壁塗装や屋根塗装

その他、塗り替えの事なら

塗り達にお任せください!!

********************

 

皆様こんにちは。

 

京都は暑い日差しから一転、雨が続いています。

残暑が厳しい毎日ですが、はりきってまいりましょう!

 

本日は、京都市でご依頼いただいた、雨樋塗装の様子をご紹介したいと思います。

 

今回はこちらの雨樋です。

コンクリート打ちっぱなしの外壁に、黒い樋が目立っています。

 

樋(とい)とは、屋根面を流れる雨水を集め地上あるいは下水に導くための装置、設備のことです。

特に雨水などの液体を運ぶのに用いる雨どい・雨といのことを言います。

「とゆ」「とよ」という言い方もありますね。

 

屋根に落ちた雨水がそのまま地上にポタポタ落ち、その状態が長くつづくと、地面のコンクリート等が痛みます。

雨水で穴が開く事もあります。

そうしたことを防ぐために、屋根の水を集めて、地上まで運び、下水等に流す役割をしてくれるのが樋です。

 

おなじみ下地処理です。

塗料がのりやすいように、表面に微細な傷をつけていきます。

 

同じ色で、上塗りを2回繰り返します。

屋外にある住宅付帯物は、やはり、雨風や、紫外線の影響を受けやすく、劣化も目立ちます。

また、樋のように、飾りではなく役割があるものは、劣化によってその機能を果たせなくなってしまいます。

 

別の角度から、完成した樋です。

今回は、外壁、ベランダ床の防水工事と合わせて行いました。

高所での作業は足場が必要ですので、一緒に施工されると足場組も一度で済みます。

付帯部の塗装もお任せください♪

 

塗り達では、フリーコール・訪問見積り受付・ラインで無料見積りがございます。

京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方は、是非お問い合わせ下さい。

一覧に戻る