一覧に戻る

外壁塗装の契約は…劣化具合を明確にしてから I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達  

本日のブログのテーマ

「外壁塗装を契約するときはご自宅の劣化具合を明確にしてから」

になります

 

まず、外壁塗装の見積書を見た際に

皆さんどこを確認するべきなのかわからない人は多いと思います。

日常的に意識する事じゃなければ、

どこかで学ぶものでもないので当然かと思います。

 

今から外壁塗装を検討されている方へ

契約における注意点をご説明していきます。

 

見積書を見る際必ず「明記」されているかを確認してください。

壁のどこの部分がどのような症状のため手入れが必要なのか。

まずここを確認してから分からない事があれば質問して、

疑問点は解決しておくほうが良いでしょう。

くれぐれもい内容をまとめられているものを

そのままにしないでください。

 

後でお互いの見解が違う場合トラブルの原因になります。

 

次に価格の確認をお願いします。

価格変更する場合があるのか、ないのか、

ある場合はどういった時に価格が変更されるのかを

はっきりと聞いておくようにしましょう。

 

最後に…

これが1番大切です。

信頼できる業者なのかを見極めるポイントになります。

表記されている面積が正しいのかを確認してください。

面積が正しくなければ調査の段階で手を抜いていたり

塗料が追加で必要になる事態を引き起こす可能性があります。

 

トラブルは未然に防げますので

契約の際は気を付けるようにしましょう。

 

 

一覧に戻る