京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

サイディングのシーリング劣化について I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

日中はまだまだ暑い日が続いていますが、夜になるとかなり肌寒くなりましたね。

夜の外出のお供には長袖が必要ですね。

 

ところでご自宅の外壁のはどのようなものでしょうか。近頃はサイディングボードの外壁素材が主流になりシェア率は、80%といわれています。

4種類のサイディングの中でもよく使用されているのが、窯業系サイディングです。

色や柄のバリエーションが圧倒的に多いのが人気の秘密ですね。

 

サイディングボートを外壁に取り付けると、ボードとボードの間に隙間ができます。

この隙間を埋めるのが、シーリング材です。

この隙間を埋めないままでいると、隙間から雨水が浸入し、やがて雨漏りの原因になります。

 

このシーリング材、残念ながら永遠に効果が続くものではありません。

忘れ去られた輪ゴムを久々に見つけて使おうと思ったら、プチっと切れた、もしくはポロポロになった!

このような経験はないでしょうか。

かなり個人的な主観が入りましたが、シーリング材も外気などの影響により弾力がなくなり、目に見えて新築時の状態と変化したことに気づいている方もおられるかと思います。

※シーリング材が痩せてきて隙間ができたり、弾力がなくなっている例です。

 

 

 

是非お休みの日に,ご自宅の外壁をチェックして見てください!

心配だな、診断してほしいなと思ったら、塗り達へご依頼くださいね。

 

とても気さくで、相談しやすいアドバイザーが対応させていただきます。

ショールームにもお気軽にお越しください。スタッフ一同お待ちしております。

 

一覧に戻る