京都の外壁塗装、屋根塗装専門店 塗り達 (ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

下塗り材 I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

職人ブログを読んでいただき、ありがとうございます!!

 

今日のお題は、【下塗り塗料】についてです。

 

下塗り塗料とは、外壁材や屋根材などの塗装面に一番最初に塗る塗料です。

代表的なものにプライマー・シーラー・フィラーがあります。

 

塗装をされる際に、上塗り材の性能、効果を気にされる方は多いと思います。

ただ、どんなに良い上塗り材を使っても、これらの下塗りがしっかりしていないと、すぐに剥がれてしまう可能性があります。

 

シーラー・プライマー

上塗り材には密着性がないため、シーラーやプライマーを塗ることで上塗り材との密着性を高めます。両面テープのような役割をします。
痛んでいる塗装面は塗料を吸い込んでしまう性質があるそのため、この場合は通常1回だけ塗るところを2回塗る必要があります。

吸い込みが不十分なまま中塗り、上塗りを塗ると、密着性が悪くなり、耐久性が落ちたり、初期不良を起こす原因になります。

 

フィラー

 

フィラーはモルタル壁に塗る下塗り塗料です。

ひび割れや凹凸がある壁によく使います。時間とともに痛んだ下地の凹凸を埋めて下地を調整する役割で塗られます。

ひび割れなどをしっかり埋めずに工程を進めてしまうと、不具合が生じやすくなってしまい、塗装の意味がなくなってしまいます。

フィラーを使っての下塗りは大切な工程です。

 

もともとの壁の材質によって、劣化状態によって、前回塗装された塗料によって、上塗り材によってなど、状態によって合う下塗り材、合わない下塗り材があります。

 

しっかりと知識や技術のある業者を選んで、大事なお家と長くいい状態でお付き合いしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る