京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

京都市 屋根塗装② 施工の様子 I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

 

昨日に引き続き、屋根塗装の様子をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下塗りを終えたら、タスペーサーを入れます。

関連ブログ:タスペーサー?何をするもの?

 

スレート屋根は、縦のつなぎ目から水が入ると、自然と下部の隙間から水が抜けるようになっています。

しかし、そのまま塗装を行うと、水の通り道(隙間)を塗料が埋めてしまい水が抜けなくなって、

屋根裏から雨漏りする事があります。

そういったことを防ぐために、屋根の間にタスペーサーを入れて隙間を確保し、水の通り道を作っておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タスペーサーを入れたら、中塗りです。

ローラーで塗りながら、隙間など細かいところは刷毛で塗っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に上塗りです。

下塗りと合わせて3回塗りをします。

塗りムラや、塗り残しがないように確認しながら、必要な厚みをつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成しました!!

塗装の薄くなっていた部分もきれいになり、防水性もアップしました。

屋根塗装は、見た目のきれいさ(美観性)だけでなく、雨漏りの防止という大きな役割があります。

定期的なメンテナンスで、長く住めるお家にしたいですね。

 

 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

 

一覧に戻る