京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

いろいろな塗装方法 l 京都市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

朝晩の冷え込みと、日中の温かい気温で何を着ていいかわからない京都です。

本格的な冬を前に、塗装業界は忙しい時期です。

 

本日は、塗装方法についてのお話です。

塗装と一口に言うと、身の回りのもの、ほとんどのものに色がついている=塗装してます。

テレビも、スマホも、車も、家も、塗装されているのです。

 

私たち、外壁塗装の分野では、塗装するものや、状態、場所によっていろいろな道具・塗装方法を使い分けています。

塗装の役割

一般的に、装飾、保護、さびを抑制するために行います。

私たちの分野、建物等の塗装では、スペースの識別としての役割がある時もあります。

 

金属は、さびの発生を抑えるために塗装が必須です。

また、均一に塗られた塗膜ほど、より長持ちします。

1回塗りではなく、3回塗りをするのは、このためです。

 

いろいろな塗装方法

①ハケ塗り、ローラー塗り

外装や床などに用いられる方法。

細かい部分はハケ、大きな面積を塗る時はローラーが使われることが多い。

また、ローラーの種類によって、模様が描けたり、仕上がりがいろいろあります。

例えば、マスチックローラーと呼ばれるローラーは、粘土の高い塗料をたっぷり含ませて厚く塗るときに用います。モルタル壁の手仕上げをするときにも使用します。

ハケにもたくさんの種類があり、大きさだけでなく、塗料の成分によっても素材違いのハケを使い分けています。

  

 

ハケで木部クリア塗装を行っています。

 

ローラーで天井を塗っています。

 

マスチック仕上げを行っています。

 

 

②左官ごて

ベルアートなどの塗料を用いて意匠性のある模様をつけるときに使います。

 

ラージスタンプ仕上げ。ランダムな模様を付ける職人技

 

 

⓷吹付け

細かい粒子を噴射させて、滑らかな表面に塗装したいときに使います。

金属製の扉や雨戸など塗装するときによく使います。

金属製の雨戸に吹付塗装を行っています。

 

また、モルタル壁の塗装方法で、骨材を入れて吹き付けるスタッコ仕上げ・ゆず肌仕上げなども吹付の一種です。

 

 

 

ゆずの皮の表面のような仕上がりになるゆず肌吹き

 

いかがでしょうか。

塗装する場所や、どんな塗料を使うか、どんな仕上げにするのかによって、使う道具や塗装方法がさまざまです。職人の技と、道具の適切な組み合わせによって、きれいで長持ちする塗装ができます。

 

丁寧な仕事と、しっかりした技術でお客様のご自宅をきれいにします。

塗り達にお任せください!!


【12月末まで限定!!】歳末キャンペーン実施中!2%キャッシュバック!!

キャンペーン情報はこちらをクリック


 

外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

 

お問い合わせは⇒こちら

施工事例は⇒こちら

お客様の声⇒こちら

一覧に戻る