京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

京都市 アパート 付帯部塗装 | 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達 

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は、アパートの塗替え工事をさせて頂いた様子を引き続きご紹介いたします。

今回は、付帯部の塗装です。

 

外壁・屋根以外にも、住宅にはいろいろな付帯部があります。

雨樋や、シャッターボックス、集合住宅では、共用の廊下や階段・手摺りなど、

場所によって使われている材質も様々ですので、当然塗料や塗り方も変わってきます。

 

施工前です。

駐輪場の竪樋は、自転車が接触する部分の塗装がはがれています。

外壁をきれいにすると、他の部分の汚れや剥がれも目立ってしまうものです。

給湯器や庇なども、一緒に塗装していきます。

 

下地処理です。

金属製の庇と給湯器のボックスは、旧塗膜をきれいにして、これから塗る塗料がよくのるように、持ちがよくなるようにサンドペーパーなどできれいにしていきます。

 

さび止めです。

本ブログをご覧いただいている方にはおなじみですね。

今回は、赤いさび止めです。

それぞれ、ローラー、刷毛で塗っていきます。

金属製のものに塗装を施す目的は、さびの抑制です。

美観も大切なのですが、さびの発生を抑制することで、その物自体の寿命も延びます。

 

上塗りです。

落ち着いたお色味です。

塗り残しが無いようにすることはもちろん、塗膜が均一になるように塗ることがとても大切です。

 

そのために

上塗りは2回目も行います。

下塗り(さび止め)と合わせて、「3回塗り」が基本です。

下地の状態によっては、さらに塗り重ねることもありますが、

厚塗りしすぎると、今度ははがれやすく持ちが悪くなります。

厚く塗ったり、たくさん塗ればいいというものではなく、均一に塗膜を付ける ということがとてもとても大切なのです。

 

完成しました。

つやつやピカピカの仕上がりです。

さびが発生する前にメンテナンスすれば、取り換える必要もなく、塗装でよみがえります。

外壁との色のバランスもいい感じです。

 

付帯部だけ、塗ることもできますが、もし外壁塗装のご予定がおありでしたら、

一緒にメンテナンスすることをお勧めします。

足場組も一度で済み、コスト面でも、工期の面でもおすすめできます。

 

 

お色味のご相談も承ります。

塗り達 伏見区淀店 ではご好評いただいているカラーシミュレーションをお試しいただけます。

ぜひお問合せくださいませ。

 


【12月末まで限定!!】歳末キャンペーン実施中!2%キャッシュバック!!

キャンペーン情報はこちらをクリック

 


京都市 外壁塗装 の塗り達は 京都で施工実績3000件の安心塗装をご提供させていただいております。

ショールームでお待ちしております!!

外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

塗装実績3000件以上

京都市 宇治市 八幡市 地域密着

外壁塗装  屋根塗装 専門ショールームオープン中!

 

お問い合わせは ⇒こちら

施工事例は   ⇒こちら

お客様の声   ⇒こちら


 

 

一覧に戻る