京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

現地調査に行ってきました! l 京都市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

お客様のお宅へ現地調査へ行ってきました。

 

外壁は金属サイディングでした。

防水性・断熱性が高く、近年の戸建て住宅によく使われている外壁材です。

こちらは、色褪せとチョーキング現象が見られました。

防水性が低下し、水分がうまくはけない状態なので、カビやコケが発生しやすくなります。

金属サイディングは、塗装する場合はきれいに洗浄してからさび止めも必要になります。

 

 

こちらは軒天です。

軒天ボードのつなぎ目部分(黒い縦線)にシーリング材を充填してから塗装すると、きれいに仕上がり、持ちも良くなります。

 

またシーリング材の劣化も見られました。

シーリング材はゴムのようなものです。身近なところでは、輪ゴムがあります。古くなった輪ゴムは弾力性がなくなり簡単にちぎれてしまいます。

入れたばかりのシーリング材は弾力があり、しっかりと隙間をうめて雨水の浸入を防ぐことができますが、劣化により、硬くなり亀裂が入ったり、隙間が空いたりしてきます。

古くなったシーリング材を取り払って、新しく打ち直すことで、防水性がアップします。

 

雨樋は、金属製なのでさびをとりサビ止め・塗装を行うことで長持ちします。

また外壁に打ち留めてある部分にシーリング材を入れることで、雨水の浸入を防ぐことができます。

 

 

お客様へは現地調査の結果をもとに、施工提案書・お見積りの作成をさせて頂きご説明いたします。

 


京都市 外壁塗装 の塗り達は 京都で施工実績3000件の安心塗装をご提供させていただいております。

外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

塗装実績3000件以上

京都市 宇治市 八幡市 地域密着

外壁塗装  屋根塗装 専門ショールームオープン中!


 

【12月末まで限定!!】歳末セール実施中!2%キャッシュバック!!

 

お問い合わせは⇒こちら

施工事例は⇒こちら

お客様の声⇒こちら

一覧に戻る