京都の外壁塗装、屋根塗装専門店 塗り達 (ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

現地調査に行ってきました! | 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達 

みなさまこんにちは!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本格的に寒くなってきましたね。

お客様からのご依頼で現地調査に行ってきました。

 

住居から独立した造りのガレージです。

 

モルタルの壁にはがれが見られました。

クラックも複数あります。

ここから雨水が侵入して基礎にしみこんでいき、雨漏りの原因になります。

 

 

クラックから浸みこんだ雨水で、ふくれが見られます。

雨染みもところどころに確認されました。

 

ガレージの屋上部分の柵です。

こちらもモルタルが剥がれ、柵の部分から雨水が侵入しているようです。

 

屋上部分は、ガーデニングにご利用されているご様子です。

防水工事をしていない状態なので、雨水やガーデニングで利用している水分がガレージ内部に侵入しているようです。

防水工事をすることで、雨水の侵入を防ぐことが出来ます。

 

モルタルの壁は金属を使っていないので、熱がこもりにくく、内部で作業することもあるガレージの外壁には向いている壁材です。

しかし、ひびわれ(クラック)が起こりやすく、雨水や汚れが侵入し劣化してしまうというデメリットもあります。クラックができることで、防水性が低下し、内部に水が溜まりやすくなります。今回拝見させていただいたお客様のお宅でも、外壁からの水の侵入で壁に膨れが見られました。1度入った水分はうまく外に逃がすことで難しいんですね。

 

モルタルの壁はクラックの補修・塗替えなどの定期的なメンテナンスで長持ちします。

また、色を変える事もできるので、塗替え時に雰囲気を変えてみるのもいいかもしれません。

 

外壁塗装のお見積り無料で行っております。

ぜひ、塗り達へお問い合わせください!!

一覧に戻る