京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

京都市 室内 壁塗装 l 京都市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

外壁塗装が専門の塗り達ですが、室内の塗装もできます!!

 

室内の壁…

一般の住宅ですと壁紙(クロス貼り)が多いですが、お店の内装などモルタルの手仕上げをさせて頂くこともあります。

今回は、店舗の室内の壁をお任せいただきました。施工の様子をご紹介したいと思います。

 

 

 

まず現状のひび割れ(クラック)部分を補修します。

表面のみのクラックの場合は、シーリング材をひび割れ部分に乗せて刷毛で刷り込んでならしていきます。

室内のクラックと侮ってはいけません。

表面だけにひび割れが発生している細かいクラック(ヘアークラック)から、大きなひび割れになると、補修工事も大規模になってきます。

この段階でしっかりと補修を行い、大きなクラックにならないようにしていきます。

 

 

つぎに下塗りです。

上塗り材には密着性はほとんどありません。

下塗り材には、上塗り材と下地との密着性を高める両面テープのような役割を果たします。

 

上塗りです。2度塗りします。

マスチックローラーで厚付けして仕上げていきます。

マスチックローラーというのは、ヘチマの身のような、大きな穴がたくさんある塗装用のローラーのことです。

粘度の高い塗料をたっぷりと含ませて厚塗りすることができます。

ツルツルの仕上がりではなく、写真のようにすこしザラザラした意匠性のある壁を作ることができます。

厚塗りといっても、必要以上に厚みつけすぎると、剥がれたり持ちが悪くなる原因になります。

ここが、職人の腕の見せ所なのです

 

完成しました。

手仕上げの壁は、表情があってとてもいいですね。

クラックもしっかりと補修し、きれいに仕上がりました。

 

モルタルは通気性に優れた壁材です。

メンテナンスをしながら、きれいに長持ちさせたいですね。

 

外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


年内のご契約で間に合います!

【12月末まで限定!!】歳末キャンペーン実施中!2%キャッシュバック!!

キャンペーン情報はこちらをクリック!!

 


 

外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

 

お問い合わせは⇒こちら

施工事例は⇒こちら

お客様の声⇒こちら

一覧に戻る