京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

屋根の劣化原因とは? |京都市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

屋根はお家をまもり、室内で快適に過ごすためにとても重要な部分ですが、

なにぶん地上からは見えにくく、異常や劣化に気づきにくい場所といえます。

 

屋根の劣化が進むと、知らない間にお家全体が傷んでしまう可能性もあるので、

外壁と同じく、定期的なメンテナンスが必要です。

外壁と同様、メンテナンスの時期についてお考えいただければと思います。

屋根の役割

日本は雨が降ります。

屋根は、雨や雪が室内に入らないように守ってくれています。

もうひとつは、紫外線です。

屋根があるおかげで、暑い時期も直接日光に当たらず、室内の温度もある程度一定に保つことができるわけです。

 

このように室内の環境を快適に保てるのは、外壁や屋根のおかげなのですが、

外壁や屋根自体は、常時紫外線や雨風にさらされていることになります。

そのため、どんなに頑丈な屋根材を使っていても、時間とともに劣化が進みます。

まず、塗料の劣化、その次に屋根材自体の劣化です。

塗り替えだけで済むメンテナンスから、劣化が進行して屋根の葺き替えとなると、高額なメンテナンス料がかかり大規模な工事になってしまいます。

 

外壁と同じく、屋根の塗料の耐久性も約10年なので、塗膜が劣化している場合は、一緒に塗替え工事を検討しましょう。

 

スレート屋根

塗膜がうすくなり、ところどころ白くなってきています。

 

劣化の原因

●カビ・藻の発生

カビや藻は、じめじめした暗い場所を好みます。

屋根で言えば、北側などあまり陽の当たらない場所に発生しやすく、

また、屋根の形状などにより水はけが悪くなっていると、日当たりがよくてもカビが発生します。

人体に影響がある場合もあるので、定期的に点検をお願いしましょう。

メンテナンでは、高圧洗浄できれいにし、防カビ性のある塗料を塗ります。

 

●瓦のズレ

瓦の場合は、1枚1枚の瓦が屋根の上で重なり合っているため、下地の漆喰の劣化によりズレが生じたり、

地震など物理的な衝撃でずれてきてしまうことがあります。

ずれて隙間があいた部分から、雨水が浸入し雨漏りしたり、屋根材が腐ってしまうことがあります。

大がかりな改修が必要になる前に、できるだけ早く修理を依頼しましょう。

 

 

 

 

塗り達では屋根の塗替えや、雨漏り補修も行っております。

気になるところがありましたら、ご相談ください。

 


【12月末まで限定!!】歳末キャンペーン実施中!2%キャッシュバック!!


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

 

お問い合わせは⇒こちら

施工事例は⇒こちら

お客様の声⇒こちら

 

 

一覧に戻る