京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

防水工事のトップコート | 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達 

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

塗り達でも施工可能な防水工事ですが、いろんな種類の防水工事があります。

塗膜によって、防水層を作り雨漏りを防ぐ工事ですが、最後の仕上げに「トップコート」というものを塗ります。

女性であれば、マニキュアをされる方はトップコートという言葉はなじみが深いですよね。

 

防水工事のトップコートとはどんなものでしょうか?

 

トップコートとは

防水工事のトップコートとは、防水層を保護するための塗料で、「防水層のコーティング塗料」という位置づけです。雨漏りや住宅の劣化を防止する防水層を守るために塗ります。

 

住宅で防水工事を行う箇所といえば、バルコニー、ベランダ等外気に晒され雨がかかる、人が通る場所です。これらの場所は雨風や紫外線の影響で大きなダメージを受ける場所でもあります。

防水層は、紫外線など外的要因に弱く、傷みやすくなっています。

当然劣化が進むと、防水機能は低下し、雨漏りや建物内部の腐敗につながってしまうのです。

 

このような傷みやすい防水層を保護するためにトップコートが塗られます。

トップコートを塗ることで、外的要因によるダメージを軽減し、防水層の寿命を延ばすことができるのです。防水層を守ることが役目なので、トップコート自体に防水機能はありません。

 

ウレタン防水のトップコート

ウレタン防水とは、液状にしたウレタン樹脂を2回塗り、塗膜防水層をつくる防水工事です。

この工法の最大のメリットは、形成するウレタンが液状のため、段差があるところや細かい部分などにも施工しやすいことです、継ぎ目なく、隙間なく防水層を作ることで、防水機能を最大限に発揮させることができます。

 

 

ウレタン樹脂の防水層の上から、上記のトップコートを塗ることで防水機能は長持ちします。

メンテナンスは約10年ほどでトップコートの塗替えを行います。

定期的なメンテナンスを行うことにより、防水層の耐久性が維持され、工事費用も抑えることが可能です。

 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門店

 

お問い合わせは⇒こちら

施工事例は⇒こちら

お客様の声⇒こちら

一覧に戻る