京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

外壁塗装のパターン  ②  l  京都市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です(^_-)-☆

 

外壁塗装のパターン①

前回は、外壁塗装のパターンの種類についてご説明してきました。

 

今回のブログでは、工法のお話をしていきます(^^)/

 

吹付け工法

スプレーガンを使い霧状の塗料を専用道具を使い外壁に吹き付けていく工法です。

このガンを使う種類によって模様が異なります。

メリットとしては短時間で塗装を仕上げることが可能になりますが、

デメリットとして塗料の飛散が激しいためその分通常より多くの塗料を使うので

工事費がかかってしまいます。

匂いや音も発生するので工事をする時間を気にしたり、

養生をしっかりと行うなどの配慮が必要です。

 

ローラー工法

ローラー工法は、使用するローラーによって模様が変わります。

このローラーを使うメリットは、

刷毛よりみ効率的に外壁塗装を行う事が可能です。

そのため、ローラー塗りが主流になっております。

ローラーで模様を付けることも可能です。

ローラーには色々な種類があり、主にスポンジ状のマスチックローラー、

毛状のウールローラーの二つに分かれます。

 

 

 

以上が外壁塗装の仕上げにおけるパターンの工法のご紹介でした。

様々パターンを知る事により自分だけのオリジナル外壁を手に入れましょう!!

これから外壁の塗り直しお考えの方にご参考にして頂ければと思います。

 

 

 

外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

 

 

一覧に戻る