京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

基礎塗装の重要なメンテナンス ② l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です(^_-)-☆

 

前回までのブログ

基礎塗装の重要なメンテナンス①

本日は続きをご紹介していきます。

基礎塗装をするメリット

・美観の向上

・防水性の向上

・基礎吸水性を制御

・カビ、コケの発生を制御

・コンクリートの中性化を制御

 

日本の住宅で一般的に、基礎として主に使われているのは、

モルタル、コンクリート、セメントです。

以前までは、木や石が基礎を使用されていましたが

強度の問題から徐々にコンクリートなどに変わってきました。

 

コンクリートやモルタルは、

素材自体には防水性がなく逆に吸水性が高い素材になります。

なので、塗装をすることにより吸水性を抑え防水機能を高めます!!

 

塗装した結果、カビやコケの発生も防ぎ

基礎に色が付くことで美観もよくなるという事です。

基礎の劣化(塗装を行わない事で起こるデメリット

日本の住宅の基礎のデメリットは、

防水機能が備わっていないという事が最大のデメリットです。

 

防水機能がないと水分をたくさん吸い込んでしまうので

ひび割れにもつながっていきます。

コンクリートやセメントは、水分や気温の変化、乾燥で

伸縮を繰り返します。

この繰り返しによって結果的にひび割れが生じるのです。

更にこのひび割れから水が入ると建物内にある鉄筋の腐食を

引きお起こしてしまいます。

 

腐食した鉄筋は、膨張するため表面(基礎面)のひび割れを早める原因になり、

剥離や落下などと劣化症状が生じます。

 

基礎塗料を選ぶポイント

外壁塗装と屋根塗装と同じで、基礎塗装にも基礎専用の塗料があります。

基礎塗料を選ぶポイントとしては

防水性に優れているだけでなく浸透性の高い塗料を選びましょう。

 

防水性のみの塗料にした場合、

雨水を防ぐことができますが地面からの水の吸収を防ぐことができません。

塗膜が作られることによって、地面から吸収した水基礎表面から湿気を逃がすことができず基礎内部に湿気をため込んでしまいます。

 

 

①、②とご説明してきましたが外壁と屋根以外にも

基礎周りの塗装はとても大切です。

建物の美観や耐久性の事もしっかりと考えましょう(^^)/

 

 

 

 

外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

一覧に戻る