京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

建物の種類 l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です(^_-)-☆

 

防水工事、外壁塗装工事をする際に知っておきたい建物構造の種類!!

 

建物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

押さえておくべき建物の構造

今回は、建物の基本になる5構造をご紹介します。

 

建物の基本的な構造は、大きく分けて5構造になります。

 

日本においてまだ「戸建て住宅→木造」というイメージを

持っている方が多いかと思います。

近年では、鉄筋コンクリートや重量鉄骨などを扱った災害に強い頑固な家も人気です。

 

外装のメンテナンスになると建物種類によって特徴があるので

その構造に見合った工法の選択が必要になってきます。

簡単にはなりますが5つご紹介していきます。

 

木造

日本で最も多く使用されている、木質材料による建物です。

木材が湿気を吸収し、排出してくれるので室内を快適に保てます。

他の構造に比べると火災、地震などの災害には弱いのでこの点が

デメリットと言えるでしょう。

軽量鉄骨造

柱、梁などの構造部に鋼材を使用した建物。

重量鉄骨造とは鉄骨の厚さが異なります。

軽量鉄骨では厚さ3mm、4mmを使用することが一般的です。

住宅メーカーで使用されており他の非木造建物よりは低コストに抑えることが可能。

重量鉄骨造

軽量鉄骨と同じです。違う点としては、

鉄骨の厚さが9mm、12mmの物一般的になります。

軽量鉄骨よりも強度が強いのが特徴です。

鉄筋コンクリート

コンクリートを鉄筋で補強した建物。

コンクリートの圧縮力と鉄筋の引張力を兼ねそろえております。

設計の自由度が高く建物の耐久性にも優れている。

鉄筋鉄骨コンクリート

鉄筋のコンクリートの芯部に鉄骨を内蔵させた建築物です。

鉄骨造と鉄筋コンクリート造のそれぞれのメリットを掛け合わせています。

耐火性能が高く、コストも鉄筋コンクリートよりも抑えれ構造体の軽量化を図っています。

 

 

以上が建物の種類5構造になります(^^♪

 

 

外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

一覧に戻る