京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

京都 付帯部塗装 施工の様子 l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

本日は施工の様子をご紹介します。

京都で戸建て住宅の塗替え工事をさせていただきました。

 

こちらは庇(ひさし)の施工です。

金属性の付帯部には、下塗り材としてさび止めが必須になります。

塗装の前には、高圧洗浄・ケレンなど下地処理をしっかりと行います。

塗装することで、さびの発生を抑制していますが、上塗り材だけでは効果が弱く、下塗りにさび止め材を使うことにより、もともとあるさびが広がらないようにします。

塗膜は、経年劣化で薄くなり、効果も薄れてきますので、さびを発生させないためにも定期的に塗替えのメンテナンスを行うことが大切です。

 

さびについてはこちらもどうぞ

 

次に雨樋です。

樋もほとんどのお家にある付帯部の1つで、雨水の排出という大変重要な役割があるため、欠かすことができません。

こちらも塗装をすることで、劣化を抑え長く使うことができるようになります。

金属製のものになると、さびの進行で穴があき、樋としての役割が果たせないものがでてきます。

 

付帯部は外壁・屋根と一緒にメンテナンスがお勧めです!

お見積り・ご相談は塗り達まで♪

 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

 

 

 

 

一覧に戻る