京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

屋根からの雨漏りを防ぐ!ルーフィングシート l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

住宅や建物の内部を守るため、屋根からの雨水の侵入を防ぐものは何でしょうか?

答えは、屋根!

…の下にある「ルーフィングシート」です。

 

正確には、瓦や、シーリング材など、屋根の部材すべてで雨漏りを防いでいるわけですが、中でもとても重要な役割を果たすものがルーフィングシートなのです。

屋根材の下に敷かれているものなので、普段目にする事はありませんが、まさに縁に下の力持ち!!

 

今日はルーフィングシートについてご説明します。

 

守り神・ルーフィングシート

瓦やスレート、コロニアルなど、屋根材には様々なものがあります。

これらが普段目にする「屋根」という存在ですが、これだけが屋根に乗っていても、雨水の侵入は防ぐことができません。

屋根材は空からの雨水を地上に流すためのもので、室内への雨水の侵入を防いでいるのは、その下にあるルーフィングシートなのです。

ですので、少しくらい瓦がズレたからと言って、それだけでいきなり雨漏りになるということではありません。

瓦がズレたことにより、下のルーフィングシートの劣化が進み、結果、雨漏りにつながってしまうのです。

 

ガルバ葺き替え

屋根の葺き替えで、ルーフィングシートを新設しているところ

ゴムアスルーフィングと呼ばれる、ゴムの性質(伸縮性)をもったアスファルトをシート状にしたものを敷いていきます。

メンテナンス

ルーフィングシートの耐用年数は15年~20年といわれています。

新しくお家を建ててから、それくらいの時期を目安に、改修工事をご検討いただくことをお勧めします。

雨漏りや屋根の劣化が気になったときには、ルーフィングシートの状態を見てもらいましょう。

ただし、下に敷かれているものなので、瓦をめくってみて初めて本当の状態がわかる箇所でもあります。

塗替えるつもりだったけど、下地ごとやられてた・・・という場合は、葺き替えなどの工事になることもあります。

 

屋根材や、棟板金、雪止めなど、どの部材にも大切な役割があります。

どれか1つでも不適切な施工があれば、耐用年数はたちまち下がってしまいます。

 

 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

一覧に戻る