京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

なんで塗装をしなきゃいけないの?? l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

今回は、塗装に関係する質問で一番多い

「なぜ塗装をするのか?」をテーマにお話ししていこうと思います。

 

毎日、生活をしていて室内のことは気にかけても、

外壁・屋根など家の外の状態を気にすることってあまり無いですよね。

 

私も「家なんてそう簡単に壊れるのもではない」と思っているので、

雨漏りなど目に見える傷みがない限りは、

外壁・屋根を点検しようなんてこと、まず考えないと思います。

 

しかし、外壁・屋根は紫外線をまともに受け、雨風や雪などから

私たちを守っており、少なからずそれらの影響を受け続けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、外でむき出しになっている外壁・屋根は

なぜ過酷な環境から私たちを守ることが出来るのでしょうか?

 

ここでお気づきの方もいるかもしれませんが、

 

その大変重要な役割を果たしてくれているのが塗装の塗膜なんです!!

 

厚さ1ミリメートルほどの薄さですが、これが有るのと無いのとでは

耐久性が大きく変わってきます!

 

塗装をしていない外壁材と屋根材そのものには耐久性がなく、雨などに強くありません。

だからこそ、塗装をし塗膜を造ることによって、外壁・屋根を守るのです。

 

つまり、私たちを守ってくれるのは外壁・屋根。

外壁・屋根を守ってくれているのが「塗装膜」というわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、塗装が劣化している場合、外壁・屋根が劣化しているといっても過言ではありません。

塗装が劣化してしまうと雨漏りの原因になるだけではなく、汚れも目立ってしまいます。

 

塗装は、見た目を美しくする目的もありますが、

何よりも家の寿命をのばす(保護)ためにしなければいけない作業なのです。

 

 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

一覧に戻る