京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

タスペーサーについて l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

今回は、タスペーサーについてお話させて頂きたいと思います。

 

屋根を塗料で塗り替える作業を行うと、屋根から垂れてきた塗料が、屋根と屋根の間の隙間を塞いでしまい、それによって雨漏りが発生してしまう場合があります。

 

写真のように、屋根材の縦のつなぎ目から水が侵入し、横方向のつなぎ目から水が抜けていくのですが、

 

塗装をすると、この隙間を埋めてしまい水が抜けなくなってしまう恐れがあります。

 

外壁塗装

 

今までは、屋根を塗り替えた際に、縁切りといった塗料の詰まりを切り取る作業が、職人さんの手作業で行われていました。

 

それだと2人の職人さんが1日がかりの手作業となってしまい、時間がかかる分、お客様にお金の負担も増えていました。

 

そこで、時間とお金の面を解決するために生み出されたのが、「タスペーサー」!!

 

縁切りは、屋根塗装が終わり塗料が完全に乾いてから行わなければなりませんでした。

 

しかし、タスペーサーは屋根塗装と同時に行うことが出来るため、後日縁切りとしての作業時間を確保しなくてもいいのです!

 

タスペーサーは、屋根材1枚に対して、必ず1つ入れます。

 

外壁塗装

 

 

外壁塗装

 

 

このようにタスペーサーを入れることによって、

切ることなく隙間を確保することが出来ますし、

塗装が終わったところを傷付けてしまう心配もありません。

 

タスペーサーは地味な作業ではありますが、これをするのと、しないのとでは、塗装した後の影響が全く違う画期的なパーツなのです!

 

全ての屋根にタスペーサーが必要とは限りませんが、状態や環境など、診断させて頂ければと思います。

 

 

 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

一覧に戻る