京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

外壁タイル②~劣化症状~ l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

前回に続き、外壁タイルについてお話したいと思います。

 

外壁タイルで生じる劣化症状

<汚れ>

外壁タイルを、日常的にメンテナンスする場合は、水で洗い流す程度でOKです!

気になる汚れがあれば、柔らかいスポンジなどでこすると良いでしょう。

 

<タイルが浮いている、剥がれている>

外壁タイルは下地にモルタルを塗り、

その上からタイルを張り付け、

隙間に目地材を塗りこむという工程です。

 

乾燥するとがっちり固まるので、少しの衝撃で剥がれるようなことは無いのですが、

土台である下地の水分が抜け、乾燥と伸縮がくり返しおこると剥がれたり、

地震や物理的な衝撃がかかってしまうと、浮きやすくなるので、

適切なメンテナンスを行いましょう!

 

<目地の劣化>

前回の記事でご紹介しました通り、タイル同士のつなぎ目である「目地」の部分は、

どうしても経年劣化が生じます。

 

目地の劣化を放置してしまうと、タイルが落下するなど大変危険ですので、

この部分だけはしっかりとメンテナンスを行ってくださいね。

 

 

 

タイルならではの、豪華な雰囲気やきれいな状態をなるべく長く維持していくために、

ぜひ7~10年おきのメンテナンスを!!

 

気になることがあればいつでもご連絡くださいませ

 

 

 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

一覧に戻る