京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

小さなクラックでも放置は危険!? l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

新築で綺麗だった外壁も年月が経つにつれ、色々な箇所に劣化が見られるようになってきますよね。

 

色があせてきたり、白亜化現象が出てきたり、クラックが発生したり…。

これらは住宅が教えてくれるメンテナンス時期のサインなのですが、

特に「クラック」は、外壁にひび割れや亀裂が入った状態なので、発見した際は大変驚かれる方も多いと思います。

 

クラックを放置しておくと外壁がどんどん割れてしまうのではないか?

大掛かりなリフォームになってしまうのではないか?

 

と不安になってしまう方もいらっしゃると思いますので、今回はそんな「クラック」についてお話したいと思います。

 

クラックが起こる原因とは?

 

主にモルタル構造やコンクリート造りの壁に出来ることが多く、

モルタルやコンクリートの収縮や雨水、真夏の建物の膨張などが原因によって発生すると考えられています。

 

また、施工時の欠陥等による不同沈下(地盤のゆがみなどにより、建物が傾き地中に沈むこと)で発生することもあります。

 

小さなクラックだと思って放置してしまうと、そこから雨水が侵入し、中が錆たり腐食したりと危険な場合がありますので、お気を付けくださいね。

 

補修をするには?

まず、クラックを発見するためにお住まいを目視で、目で見てクラックがあるかどうかを確認してみてください。

 

小さなクラックであれば自分で補修材を使用することも可能ですが、補修した箇所はその周りと比べてどうしても目立ってしまうので、仕上がりに納得がいかない場合もあるかもしれません。

 

クラックを発見し、なぜひび割れや亀裂が入っているのかを判断するのは難しいと思いますので、そんなときは専門業者に相談してみてから今後の対応を考える方が安心かと思いますよ

 

 

 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

一覧に戻る