京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

正しい工程を守る! l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

みなさま塗り替えにはどういった意味合いがあるかご存知ですか?

 

①「防水機能を復活させる」

②「美観性を回復させる」

 

というのが主な意味合いです。

 

この意味合いに沿った正しい結果に繋げるためには、きちんとした施工が必要となってきます。

 

例えば、建材に適した塗料を使用する、塗布量(とふりょう)を守るなど、様々な工程内容に的確に対応する必要があります。

 

どんなに素晴らしい性能を持った塗料を使用したとしても、定められた内容・手法を守らなければ、本来の機能を100%発揮することはできないのです。

 

そのひとつが実は・・・「塗り回数」です。

 

基本的には三度塗りが重要だということは、知っている方も多いかもしれません。

 

しかし、頭ではイメージできていても、実際どのように違うのか?

どのくらい変わるのか?

 

実際に行った「雨戸」の施工例をもとにご紹介したいと思います。

 

 

まずは研磨をします

次に下塗り(錆止め)をします

 

 

そして上塗り 1回目

上塗り 2回目

 

 

雨戸の施工完了です

施工前です

 

 

もともとの色から、下塗り→上塗り(1回目)→上塗り(2回目)の三工程です。

 

加工前と比べるとその違いは一目瞭然ですね!!

 

このような正しい工程をきちんと守りながら行うことが、当たり前ではありますが、とても重要なことなのです。

 

 

お家について気になることがございましたら、なんでも結構です。

ぜひ1度ご相談くださいね°˖✧

 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

一覧に戻る