京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

スレート屋根の劣化 l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

今回は、スレート屋根に起こる劣化についてお話したいと思います。

 

スレート屋根とは

 

 

厚さが0.45mmほどで、非常に軽量、そして耐震性に優れている屋根材です。

内容成分の85%がセメントで出来ているため、素材自体に防水性能が無いのが特徴です。

そのため、定期的な塗装によるメンテナンスを要する屋根材となっています。

 

メンテナンスで発見する劣化

【①反り】

スレート屋根が水を吸収したり、乾燥したりを繰り返していくと、屋根材に反りが発生してしまいます。

 

放置する時間が長くなるにつれ反りは大きくなり、0.7mm以上の隙間が空いてしまうと台風などの横殴りの雨の際に、雨水がその隙間から侵入してしまいます。

 

一度反りが発生してしまうと、塗装では元に戻すことは不可能です。。。

 

そうなると、上から金属を重ねるカバー工法か、屋根の葺き替え工事が必要となってくるのですが、そうなる前に、ぜひとも塗装によるメンテナンスを行ってくださいね!

 

【②ひび割れ】

屋根材が水を吸収し基材内部で凍結してしまうと、その分の体積が膨張するので、ひび割れが発生してしまいます。

 

最初は小さなひび割れだったのが、長く放置してしまうとそのひび割れが太く・長くなり、欠損や凍害につながってしまいますので、塗装する際にはシーリングなどの補修が必要となります。

 

【③カビ・コケの発生】

 

 

特に北の方面にお住いの家に多く見らる劣化です。

日照時間が短いため、その分湿気も溜まりやすく、カビやコケといった生物が繁殖しやすくなります。

 

スレート屋根はアルカリ性なので、酸と塩基が中和反応を起こし、屋根材を脆弱化させてしまいますので、塗装する前には、カビ・コケをしっかりと落としてあげてくださいね。

 

 

 

屋根には傾斜があるのでご自身で確認するのは難しいと思います。

お住まいのスレート屋根がどのような状態なのか、気になる方はぜひ一度ご連絡くださいませ。

 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

一覧に戻る