京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

塗り替え工事で雨漏りは防げません!~屋根編~ l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

「雨漏りをしているので、外壁や屋根を塗り替えたい」

というお問い合わせをよく耳にしますが、

 

実は、塗り替えだけでは雨漏りを防ぐことは出来ません

 

「住宅の塗り替えをすることで雨漏りが止まる」

というのは、間違えた認識ですので、

 

今回は、「塗り替え工事で雨漏りは防げない」

その理由をお話したいと思います。

 

 

どうして塗り替え工事で雨漏りは防げないの?

<屋根の場合>

そもそも、屋根や外壁は浸水することが普通です。

問題なのは、その浸水した雨水をどのようにして処理していくのか、

これがキーポイントとなります。

 

まず屋根の構造は、

下から野地板(下地)

→ルーフィングシート(防水シート)

→屋根材(コロニアルなど)となっており、

 

一番上にくる屋根材が“一次防水

 

屋根の下に敷かれているルーフィングシートが“二次防水”の役目を果たしています。

 

 

↑ルーフィングシートです。

 

 

もし、一次防水である屋根材が破損したとしても、

二次防水であるルーフィングシートが雨漏りを防いでくれるので内部には侵入してきません。

 

このことから、屋根からの雨漏りが発生した場合、

その多くの理由は屋根ではなく、

ルーフィングシートの損傷が原因となるため、

屋根を塗り替えるという行為はほとんど意味が無いのです。

 

次は~屋根編~に続きます。

 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

一覧に戻る