京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

日射熱による熱負荷を遮熱塗料でおさえよう! l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

いよいよ夏本番となってきた今日この頃。

 

肌にじりじりと刺す日差しの暑さといったら・・・

 

最近では多くの研究により、紫外線を浴びすぎると

人の健康に影響があると知られていますが、

 

実は、建物も同じです。

 

紫外線は色の分子を分解するといわれており、

屋根や外壁塗装の色褪せだけでなく、塗膜を破壊し劣化させてしまいます

 

 

今回はそんな太陽から発せられる紫外線を含んだ日差し=『日射熱』

に着目してお話したいと思います。

 

 

まず一般的な二階建て住宅を想像してみてください。

 

 

 

この時、日射熱を強く受ける部分は、

東・南・西の壁面、そして屋根です。

 

日の出から日没までの間に、壁面への日射は東から南へ西へとピークが移動していきます。

 

しかしながら屋根に至っては、

日中ずっと日射を受け続けていることになるので、

 

日射熱が主に入ってきやすい場所、主な入口であるといえるでしょう。

 

このことから、下記のような説明ができます。

窓や戸などの開口部分を完全に締め切った室内では、

日中は1階より2階の方が室温が高い

 

その理由は、

日中絶えず屋根に降り注ぐ日射熱が、屋根裏の僅かな空間を貫いて2階室へ侵入する為である。

1階室が2階室より日射熱の影響を受けにくいのは、1階室が日射熱の入り口である屋根と、距離が離れているから。

 

なのです。

 

では、これに対しどのような対策ができるのでしょうか?

日射熱の入り口を狭くすることが可能!!

 

入り口を狭くする・・とは??

 

『遮熱塗料』によってより多くの日射熱反射させること

 

です。

 

これにより、屋根や外壁からの日射熱の侵入を減らすことが可能となります!!

 

暑い夏を少しでも快適に過ごすために、塗装工事から初めてみるのもいいかもしれませんね

 

 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

一覧に戻る