京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

外壁のひび割れクラックについて l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

 

外壁に発生する「ひび割れ」の原因は複数あります。

その原因によって、クラックは通常4種類に分類されます。

それぞれの原因と外壁塗装での下処理対策をわかりやすく紹介しています。

 

外壁のひび割れ、ほっといても大丈夫? | 有限会社 大黒建装

 

外壁のひび割れの種類

 

外壁塗装で直面する日々言われの主なものは4種類です。

その多くは、モルタル壁など湿式工法の外壁に見られます。

 

 

ヘアクラック               

 

ヘア・クラックとは金属中に出来るものなど、髪の毛のような細く、

短いひび割れの総称です。塗装で言うヘアクラックとは、

主に塗膜に出来るクラックで、原因として次のようなことがあげられます。

 

1.経年による塗膜劣化。

2.塗装間隔時間の不適切な塗装作業。

3.弾性素地や塗膜の上に硬質塗膜を塗装した場合。

 

■ヘアクラックの原因と対策

 

経年による塗膜劣化

 

原因

塗膜性能の経年による低下で、素地の膨張収縮に絶えられなくなり、塗膜にひび割れが生じたもの。

対策

チョ-キングなどの塗膜劣化の症状が現れたら、早目の塗り替え塗装を行う。

 

 

乾燥クラック                

 

乾燥クラックとは、モルタルなどの湿式工法による外壁材は、その乾燥過程で、

水分の蒸発などにより収縮(やせ)が生じ、ひび割れが起こります。

乾燥クラックの原因と対策

 

原因

完全乾燥収縮前に、その表面に塗装して造膜しますと、素地の収縮につれて追随

できなくばった塗膜にひび割れが発生します。

乾燥クラックはそのひび割れ幅が狭いのが特徴です。

対策

素地が完全乾燥することで収縮は止まり、ひび割れ幅は拡大することはありません。

塗装の下処理対策として良いかのような対策がなされます。

 

 

構造クラック                

 

構造クラックとは建物の構造的な欠陥、凍結と融解の燥り返し、

建物の不同沈下などから発生するひび割れです。筋交い等の不足など構造的な欠陥から、

建物が大きく揺れたり、歪んでしまったり

するため、その歪力が外壁材に働き、外壁材にひび割れをもたらします。

 

対策

建物の構造補強をしない限り、今後も外壁材への歪力が働きますので、

ひび割れ部には力の逃げ場としてム-ブメント(引っ張る力)が働いています。

このようなム-ブメントが働くワ-キング・クラックに対してはシ-リング処理が効果的です。

 

 

縁切れによるクラック            

 

縁切れによるクラックとはモルタルなど湿式工法の外壁材は一度に一面を仕上げます。途中で作業を中止したり、他の事情で部分的にやり直したりしますと、新旧の塗り次ぎ面にひび割れを生じます。これが縁切れによるクラックです。

 

対策

基本的に構造クラックに準じます。

外壁がモルタル仕上げの場合、サンガ-カット作業では、

深く切りすぎてラス網を切ってしまったり、壁材の補強部材を傷めないよう注意が必要です。

 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

 

 

 

 

 

一覧に戻る