京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

色の面積効果って何だろう?? l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

 

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

 

外壁塗装を検討される際に、一番の悩むのが、

「色」をどうするか?・・・です。

 

今までと同じ色で塗り替えることももちろん出来ますが、

外壁塗装は約10年に一度のこと。

 

全く別の異なる色にして、お住まいをイメージチェンジしてみるのも心機一転となり、面白いと思いますよ☆★

 

 

ただ、外壁の色を考える場合に考慮していただきたいのが

周辺の環境です。

 

例えば、周囲に公園など自然が多くあり、茶色やベージュなどの落ち着いた色調の建物が周りに多い場合・・・

 

黄色など派手な色の外壁にすると浮いてしまい、周辺の雰囲気も壊してしまう可能性があります。

 

では、どのように外壁の色を選ぶと良いか、

今回は色選びのポイントと面積効果についてお話ししたいと思います。

 

 

外壁の色選びのポイント

家の外壁は大きな面積をもっていますので、小さなカラーサンプルで見て決めた色と、実際に壁に色を塗ってみたときと、

 

イメージが全然違う?!!

ということがあります。

 

①面積効果


 

同じ色でも、明るい色の場合

➨「面積が広い所では、より明るく見える

 

同じ色でも、暗い色の場合

➨「面積が広い所では、より落ち着いて見える

 

 

面積が広い所 ⇒ 薄く、明るく見える

面積が狭い所 ⇒ 濃く、暗く見える

 

以上のような特徴がありますので、

 

希望する色の明暗を見極めて、面積を大きくするとどう変化するかを予想してみるといいかもしませんね。

 

 

②光源色


 

色は室内の蛍光灯の下と、屋外で太陽光線の下で見る色とでは、

見え方が全く異なります。

 

外壁は太陽の下で見るので、最終的に屋外で実際にどのような色になるのか面積効果も含めて予測することが大事です。

 

直射日光ではなく、自然に反射された光が当たる場所で

色を考えるのがおすすめですよ

 

 

塗り達ではカラーシュミレーションも行っておりますので、

ぜひご活用くださいませ。

 

⊹参考ブログ⊹

 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

一覧に戻る