京都の外壁塗装、屋根塗装専門店塗り達(ぬりたつ)京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装、屋根塗装はお任せ株式会社 植田

一覧に戻る

付帯部とは?付帯部塗装は必要?l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

みなさまこんにちは!

京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です

 

住宅の外壁塗装というと、

屋根や壁面の塗装が思い浮かびますよね。

外壁塗装をする際、屋根や壁面と

一緒に塗装する箇所に「付帯部(付帯部分)」

という部分があります。

今回は「付帯部」はっ耐どこの部分なのか、

付帯部を塗装する必要性をご紹介します。

 

付帯部(付帯部分)ってどこ?

 

付帯部(付帯部分)は大まかに壁面と

屋根以外の細かい所の事をいいます。

付帯部塗装

付帯部には軒天、破風板、鼻隠し、雨樋、

換気フ-ド、ポスト、庇や水切りがあります。

古い住宅は付帯部が多いことがあります。

また、エアコンのホ-スやガスメ-タ-の

配管なども、付帯部として塗装することもあります。

 

どうして付帯部塗装が必要なの?

 

付帯部は必ずしも「すぐにぬらなければ

家がダメになる」ということはありません。

ではなぜ付帯塗装をしたほうがいいのでしょうか?

付帯部は、素材が木製や鉄製、

塩化ビニ-ル製など様々ですが、

塗装することで家の寿命を延ばすことにつながります。

太陽光の紫外線や、熱、

雨などで劣化していきます。

耐久性、耐食性を考えると新しいものに

交換することが一番ですが、

高額な費用がかかってしまいます。

反りや破断してしまうと交換が必要に

なってしまいますが、

塗装し直すことによって安価で済み、

長持ちさせることができます。

 

完工

 

外壁や屋根だけを塗装してきれいにすると、

付帯部の痛みがどうしても目についてしまいます。

建物の美観を保つためにも、外壁塗装と

一緒に付帯工事をすることをおすすめします。

外壁塗装が終わって足場を撤去してから、

付帯部の劣化が気になり付帯塗装をしようとしても

場所によっては足場を組みなおす必要があります。

付帯塗装のためだけに足場を組み直すと、

足場代が再度必要になりますので非常にもったいないです。

外壁や屋根は目立つ部分なので劣化に気付きやすいですが、

他の付帯部に関しては、なかなか塗り直しの

必要性に気付きません。

長期間安心して住める家にするためにも、

外壁塗装の際はぜひ付帯部も合わせて塗装してください。

 

 

 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

 


塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!

お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら

 

 

 

 

一覧に戻る