塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

外壁塗装について l 宇治市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

職人ブログ 2019.05.23 (Thu) 更新

皆様こんにちは
 
突然ですが、
日本の歴史的建造物の多くが木造建築なのはご存知ですよね。
なぜ1000年を経過してもその多くが残っているのでしょうか?
 
 
先人たちの様々な工夫により、今にその姿を伝えているのですが、
「いかに木部に雨水等をあてないようにするか」ということが重要なポイントの1つにあげられます。
 
では、どのようにして建物に雨をあてないか?
 
答えは「軒の出」です。
建物の高さが高くなれば軒の出も長くし、柱や外壁に雨水等がかからないように、
三重塔や五重塔など、軒を迫り出す構造体を構成して、雨水から守ってきました。

 
 
 
 
 
 
←京都の八坂の塔です。美しい…
 
ですが、現在の住宅家屋で五重塔のような建物を作るのは、非常に難しいですね
では、どのように雨水などから建物を守っていけばよいのでしょうか?
 
現代の建物においては、雨水だけでなく、外部や内部からの結露についても考えなくてはいけません。
 
 
なぜ木は腐るのか
酸素、湿度、水の三要素が揃うことにより、木が腐ります。
 
一般的に、木材の含水率が30%を超えると、腐る危険度が高くなり、
シロアリの被害にもつながっていく可能性があります
 
しかし、この内の1要素が欠けるだけで、腐りの発生を制御する事ができます。
この3要素の中で、技術的に防ぐことができるのは、「水をかけないようにすること」です。
 
そこで、外壁塗装です。
 
外壁の仕上げ材の撥水を良くし、構造内へ雨水などが入り込まない様にコーキングを充填します。
(※コーキングとは・・・弾性に富んだ樹脂系の目地充填剤のこと。外壁の耐久性を実現するために不可欠です!)
 
万が一外壁から雨水等が侵入しても、防水紙や通気工法により外部に排出させます。
 
外壁塗装は単に美観だけではなく、お家を守るための重要な機能があるんですね
 
 
塗り達.comでは、パック料金の他、高品質の塗料やデザイン塗装の「多彩工法」での塗装などもご用意しております。
京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方は
お見積・ご相談などお気軽にご相談下さい。