塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

京都市 壁クラック補修① I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

職人ブログ 2019.07.10 (Wed) 更新

********************
本日も職人ブログをご覧いただき
有難うございます。
京都市、宇治市、外壁塗装や屋根塗装
その他、塗り替えの事なら
塗り達にお任せください!!
********************
 
皆様こんにちは。
 
京都は暑くなってまいりました。
でも朝晩は涼しく、例年に比べると過ごしやすいように感じます。
 
さて、古くなったコンクリートの壁がひび割れているのを見た事はありませんか?
今回は京都の壁クラック補修塗装の様子をご紹介したいと思います。
 

玄関の階段脇の白い塀の部分です。
(下記写真もご覧ください)
ちょうど手すりが始まる部分に横にひび割れが入っているのが見えます。
このひび割れをクラックと言います。
クラック補修をしたうえで、塗装を行います。
手すりや階段の養生もきちんと行いますよ
 

 
シーリング材をつかってクラックを埋めていきます。
シーリング材をコーキングガンという道具にセットして、押し出しながら使います。
関連ページ:シーリングとコーキング
 
クラックの原因はいろいろありますが、
・過度に水分が抜けてしまいひび割れた(乾燥クラック)
・地震などの揺れによるもの(構造クラック) 等があります。
 
クラックは放置すると、割れ目から水が侵入し、雨漏りの原因になったり、内部や建物が腐敗する原因になります。
塗装を行う前にクラック補修をすることと、次のひび割れを起こさせないような塗装が必要になります。
 
 

シール処理をした上から下塗りを行います。
この下塗りの役割は、上塗り塗料がよく密着するように、また次のひび割れを起こさないようにすることです。
しっかりとお役目を果たしてくれるよう、丁寧に塗っていきます。
 
次回は、続きの工程をご紹介します。
 
塗り達では、フリーコール・訪問見積り受付・ラインで無料見積りがございます。
京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方は、是非お問い合わせ下さい。