塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

京都市 外壁目地シーリング I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

職人ブログ 2019.11.03 (Sun) 更新

みなさまこんにちは!
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
 
京都市で施工させていただいた外壁目地のシーリング工事の様子をご紹介したいと思います。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
黒いゴムのようなものがついているところがシーリング材です。
経年劣化で隙間ができ、そこから雨水が浸みこむと、雨漏りに繋がります。
シール材の打替えの場合は、これを外してシーリング材を再度入れていきます。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清掃です。
もともとのシーリング材を外して、隙間のゴミ・砂ぼこりを取り除きます。
こちらはダスターと呼ばれる掃除用の刷毛です。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
つぎにプライマー塗布です。
プライマーは接着剤の役割を果たすものです。
目地にしっかりとプライマーを塗り、あとから充填するシーリング材が隙間にしっかりと密着するようにします。
ここで塗りムラがあると、シーリングを打ち直した効果が半減してしまいます。
しっかりと、慎重に塗っていきます。
紫色のテープは我らがマスキングテープです。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後にシーリング材の充填です。
サイディングボードの隙間と、ドア廻りも行いました。
コーキング材を隙間に絞り込んでいきます。
ここもはみ出さない様に慎重に慎重に・・・
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
完成しました。
白い部分が今回打ち直したシーリングです。
しっかりと密着してきれいに仕上がりました。
 
窓まわり(サッシ周り)も同じようにシーリング材で雨水の侵入を防いでます。
雨漏りしてるかな? と思ったらシーリング材の劣化かもしれません。
そんなときは、ぜひ塗り達へご相談ください。
 
定期的なメンテナンスでお家を守りましょう。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お見積り・ご相談は無料です。
塗替え・雨漏りのことなら 塗り達 へご相談ください。
電話:0120-503-439
9:00~18:00 営業中!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー