塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

京都市 屋上防水(シート防水)① I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

職人ブログ 2019.11.19 (Tue) 更新

みなさまこんにちは!!
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
 
本日は屋上防水の工事の様子をご紹介します。
 
京都市で屋上防水工事をさせていただきました。
今回はシート防水(機械的固定工法)です。
(関連ブログ:防水工事② シート防水
 
シート防水は、防水工事の1つで、塩化ビニル樹脂シートを貼って防水層を作る工法です。
接着剤でシートを貼るのが接着工法と呼ばれ、接着剤をつけた下地の上にシートをおきローラーで密着させていていきます。今回は、別の方法「機械的固定方法」と呼ばれる工法で行います。
 
機械的固定方法の「機械的」とは、一律に物事を処理する という意味で、
塩化ビニル樹脂シートを機械的に器具やビスなどで留めていく工法です。
接着工法と違い、既存の防水層を撤去しないで工事をすることができます。
 

 
施工前の様子です。
既存の防水シートがところどころ割れているのがわかります。
またシートとシートの間はシーリングで埋めているので、こちらの劣化によっても防水層としての機能が低下してきます。
 

まずは絶縁シートを敷きます。
 

次に、固定するための器具を設置します。
今回は誘導加熱装置(ディスクヒーター)と呼ばれるものを使用します。
整列している丸いものがディスクヒーターです。
 
(つづく)