塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

台風前後!!外壁と屋根の点検① | 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達 

職人ブログ 2019.11.30 (Sat) 更新

みなさまこんにちは!!
 
年々、自然災害による被害を大きくなってきました。
特に今年は、台風や記録的な大雨に、日本全国が被害を受けました。
自然の脅威を前に、命を守る行動が最優先ですが、大きな台風や雨が予想されるとき、また去った後に点検したい自宅の要点をまとめます。
 
 

どんな被害が想定されるか

台風時、屋根は、強風によってさまざまな被害を被ります。
たとえば、
・瓦がずれる、とんでしまう
・飛来物で屋根がこわれる
・雨樋が外れる、こわれる
→これらの被害によって、雨漏りすることが考えられます。
 
また、外壁は、
・もともとあるひび割れから雨水が浸入する
・コーキングの隙間から雨水が浸入する
・飛来物で、傷がつく
→築年数が経過している建物では、もともとの劣化症状からさらに悪化することが考えられます。
 
また、屋根も外壁も、そのもの自体が飛ばされたりこわれたりしてしまうことも考えられます。
 

 

台風が去ったあと、雨漏りが発生しやすい

台風や、強風を伴う大雨が去ったあと、雨漏りのご相談が多くなります。
どんな場所から雨漏りするのでしょうか
 
 
●屋根
・棟板金(スレート屋根の頂上部分)
→飛ばされたり浮いたりして雨漏りに
・雨樋
→飛んできた落ち葉などが詰まってしまいあふれてくる
・瓦
→ずれたり跳んだりして雨漏りする
・天窓
→コーキングのひび割れなどから
 
●外壁
・サッシ廻り
→コーキングの劣化によって
・外壁のクラック(ひび割れ)
→普段は気にならないクラックから雨水が浸入
・換気扇、エアコンの配管まわり
→取付け口、ビスのゆるみなどから雨水浸入!
・ベランダ
→防水層が劣化していませんか
 
普段の雨では雨漏りしないのに、強風や横殴りの雨で劣化していたところから雨水が浸入することがあります。しかし、どこからどうしてという判断はなかなか難しいものです。
 

 
(つづく)