塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

軒天の塗装 施工の様子② l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.04.08 (Wed) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
外壁塗装と一緒に軒天の塗替えをさせていただきました。
昨日に引き続き施工の様子をご紹介します。
 
外壁塗装
③軒天 取り合い シール
外壁がモルタルのため、軒天と外壁の間(取り合い)に隙間が生じます。
軒天自体は直接雨がかかることは少ないものの、暴風雨など下からの雨風が吹き込んだ場合、この取り合いから雨水が侵入し、雨漏りの原因になっていることがあります。
そこで、防水処理としてシール工事を行います。
もともとある場合は、打ち替え、防水処理がされていない場合は、シーリング材を新設で充填します。
 
外壁塗装
こんなかんじで取り合いにシールを打っていきます。
 
外壁塗装外壁塗装
④軒天 上塗り1回目
いよいよ上塗りです。
今回は、ガラっと印象が変わるお色味をのせていきます。
 
外壁塗装
⑤軒天 上塗り2回目
上塗りは2回、同じ塗料で塗っていきます。
塗り残しやムラがないように、均一な厚さの塗膜ができるように、慎重に丁寧に作業します。
 
外壁塗装
⑥軒天 外壁 施工完了
軒天の施工が完了しました。
この後、外壁の塗装も行い、施工完了となります。
モルタルでもこのような配色で印象を変えることができます。
 
いかがでしたか?
軒天は外壁と同じく、定期的なメンテナンスが必要です。
塗装をすることで、長持ちし、美観性も保たれます。
 
塗装でのメンテナンスで補修できない場合は、軒天ボードの張替えといった大規模な修繕になることがあります。
 
雨染みやカビ、塗装の剥がれが見られたらメンテナンスのサインです。
ぜひお気軽にご相談ください。


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら