塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

京都 外壁塗装(モルタル) 施工の様子 l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.04.14 (Tue) 更新


みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
外壁(モルタル)の補修工事をさせていただきました。
施工の様子をご紹介します。
 
外壁塗装
モルタルの外壁です。
クラック(ひび割れ)があったため、コーキング材で補修していきます。
モルタル壁は、乾燥や物理的な衝撃などで、ひび割れ(クラック)が起きやすく、そのままにしておくと割れ目から水が入り込んで、雨漏りの原因になったり、躯体が腐る原因にもなります。
 
 
外壁塗装外壁塗装
コーキング材はクラックを埋めるようにつけていき、ならします。
 
外壁塗装
クラック補修が終わりました。
このあと高圧洗浄を行います。
 
外壁塗装 
次に下塗りです。
モルタルの壁は、劣化によりクラックが出来やすいため、塗膜で保護する必要があります。
上塗りの前に、下塗り材でしっかりと下地を固めておくことで、次クラックが出来にくくなり、持ちもよくなります。
下塗りは、下地を強くしたり、塗料を下地に密着させる糊のような働きがあります。
また、さまざまな効果がある下塗り材があり、モルタルの外壁には、弾性フィーラーをお勧めしています。
 
 
外壁塗装 外壁塗装
下塗りを終えたら、マスチックローラーで塗料を厚付けしていきます。
壁を保護し、均一な厚さの塗膜を作っていきます。
 
外壁塗装
上塗り1回目です。
モルタル壁の仕上げでローラーを使うと、写真のようなでこぼこした仕上がりになります。
マスチック仕上げと呼ばれています。
 
外壁塗装
上塗り2回目です。
下塗りと合わせて4回塗り重ねました。
通常3回塗りですが、下地の素材や状態に合わせて階数が増える事もあります。
 
 
外壁塗装
外壁施工完了です。
 
クラックの補修と塗替えを行い、きれいになっただけでなく、安全性が高まり、雨漏りの心配もなくなりました。
 
塗料の劣化により、その下にあるモルタル壁や、躯体が腐る原因になります。
定期的なメンテナンスで、お家を長持ちさせましょう。
 


 

外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら