塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

外壁を黒色にしたい!メリット・デメリットとは? l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.05.23 (Sat) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
近年、一般住宅で「黒色」や「濃紺」など濃い色の外壁がじわじわと人気を集めているようです。
他とは違う雰囲気、おしゃれで目立つなど、魅力的な面がたくさんありますが、
「黒っぽいのってなんか熱がこもりそう」「汚れが目立つんじゃないの?」という疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。
 
本日は黒色の外壁のメリットデメリットを探ってみたいと思います。
 

メリット 高級感と重厚感

最大のメリットはずばり「デザイン性が高くおしゃれ」であることでしょう。
これまで主流だったのは、ベージュやホワイト系といった薄いお色味でした。
他と違う、高級感があるということで、黒やネイビーといった色にするお家が増えてきているようです。
 
モダンな印象を持つ色に変えることで、いつものご自宅の雰囲気もガラっと変わり、新鮮な気持ちで生活することができるのもメリットといえるでしょう。

 
 

汚れは?

では、デメリットはあるでしょうか?
なんとなく「汚れが目立ちそう」というところが気になると思います。
確かに、塗装したばかりはとてもきれいですが、時間とともに、ほこりや泥汚れが目立つことは事実です。
一般的によく選ばれるベージュやグレーといったお色味よりも、白っぽい汚れは目立ちやすいので、これが外壁が黒色の時のデメリットといえるでしょう。
なんだか、車のお色を選ぶ時と同じような気持ちになりますね…。
 
ベージュやグレーといった中間色ではないお色で、黒以外には真っ白も汚れが目立ちやすいお色になります。
また、外から付着する汚れだけではなく、濃い色は「塗料の色褪せが目立ちやすい」という点もあります。
どうしても経年劣化で薄くなってきますから、美観性以外の観点からもメンテナンスは必要です。
 

熱がこもりやすい?

黒色は熱を吸収しやすい性質があり、とくに夏場は太陽光で室内の温度が上昇しやすくなっています。
ここに関しては、遮熱塗料という高反射を利用して熱を通しにくい効果のある塗料もあるので、そういった塗料をつかうもとで幾分か対処が可能です。
ただし、遮熱塗料の中においても、白っぽい色のほうが反射率が高く遮熱効果も高くなっているので、注意が必要です。
 

全体の印象、デザインは?

新築であったり、全体を塗替えたりする場合は、壁と他の部位のバランスも考えるポイントになります。
また、塗替え工事で壁だけガラっと色を変えると、もともとの屋根や付帯部と調和が崩れてしまうことがあります。
色を決める際に、全体を見て、イメージするものに少しでも近づくよう担当者とよく相談しましょう。
 
黒色の外壁にはデメリットもメリットもございますが、できる限りお客様のイメージに近づけるよう、サポートさせていただきます。
 
塗替えをご検討の方は塗り達まで、お気軽にご相談ください♪
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら