塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

水性塗料と油性塗料どちらが良いか? l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

現場ブログ 2020.05.20 (Wed) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
今回は、水性塗料と油性塗料について、お話したいと思います。

■水性と油性

どんな塗料にも「水性」と「油性」の違いが存在します。
 
1.水性塗料と油性塗料の分け方
外壁塗装の塗料には、顔料(色)、樹脂(シリコン・フッ素等)、添加物(艶調整)などがあり、
それぞれ液体ではなく個体です。
これらをまず溶剤に溶かして壁に塗って乾かし、溶かした溶剤を蒸発させることで
壁に密着させる仕組みです。
 
このとき塗料を溶かす溶剤の主成分が水だと水性塗料、シンナーなど油性だと油性塗料になります。
 

 
 
 
 
 
 
 

■メリット・デメリット

◇水性塗料○○○○〇○○○○○○○○○○○○○

<メリット> <デメリット>
・臭いが少ない ・油性より少し寿命が短い
・現場での保管が楽 ・塗装できない下地が多い
・価格が少し安め ・艶が落ちやすい
・低温で塗る事が出来ない
・雨が多いと塗りづらい

 


 
◇油性塗料

<メリット>  <デメリット>
・長持ちする傾向がある ・臭いが強い
・艶を維持しやすい ・価格が少し高め
・低温でも乾燥させやすい

 


 
これらをみると、油性の塗料の方が強く万能とされていますね。
 
しかし、現在の外壁の種類や状態によっては、どちらかが使えない場合や
他にも解りづらい事もございますので、ショールームのご利用や、
プロの診断を受け、それぞれのお宅に合った塗料選びをおすすめします。
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください
 
 
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら